やっぱり読書が一番好き。

久しぶりに行く本屋でテンション上がる。

こんばんは。

久しぶりにココカラファインに行きたくて、隣接する市の一つ先のイオンモールまで行ってきました、あわ子です。

何故ココカラファインかと言うと、欲しい商品(フェイスパウダー)がマツモトキヨシ公式サイトで販売されていたから。

LINEクーポンを持っていたので、在庫があれば買おうと思って行きました。

ものの見事に在庫0だったので、それは諦めて公式ショップで通販します。

他にもアレコレ見て楽しかったのですが、結局何も買わずに出ました。

夏の文庫フェアで毎年夏はテンションが上がっている。

書店の入り口近くのコーナーだったり文庫コーナー、毎年夏になると『ナツイチ』だったり『新潮文庫の100冊』などのフェア名で文庫フェアが開催されます。

あれが毎年本当に楽しみで、ブックレットは必ずチェックして持ち帰ってます。

好きな本が載ってると何か嬉しいんですよね。(笑)

でも結局シーズンが終わると捨ててしまうので、今年はその場でパラパラ見るだけに留めてます。(^^;

出版社の公式サイトでも追い切れないところがあるから、結局ブックレットや書店のコーナーが一番パッと見て分かりやすいんですよね。

今年も読んだことがあって好きな作品が載っているとニヤニヤしたり、今まで読んだことがなくて興味も無かったような作品が面白そうに感じたりして、勝手にルンルンしてます。

一応無表情は貫いているつもりですが、ニヤニヤがマスクから漏れ出ていたらすみません。

読みたい本を見つけてしまうが、自宅の未読本の数々を思い出して堪える。

今まで購入した本ではないですが、気になっている本をたまたま見つけてしまうと立ち止まってしまい、なかなか動けなくなってしまいます。

前々から面白そうと思っている本なので尚更ですが。

ただその本が文庫にしても相当に分厚いのと、匹敵する分厚さの文庫本を既に持っていて、更に読み切れていない事実を羅列してみて何とか諦めました。

それぐらいしないと、読み切るどころか片付けも追いついていないのにホイホイ買っていられません。

でも図書館にあるかは探します。読みたいので。(笑)

ちなみに夏の文庫フェアはまだ全部チェックしたわけではありませんが、その中では『センス・オブ・ワンダー/著:レイチェル・カーソン』が今一番気になってます。

それ以外に気になっている本(自宅に無い本)では『21Lesson/著:ユヴァル・ノア・ハラリ』ですね。分厚いんですよ、これが。

でも是非じっくり読みたい内容なので、図書館で探します。

2週間ではとても読み切れないでしょうけど。(^^;

それでは今夜もおやすみなさいませ。

使用画像:naobimによるPixabayからの画像